昭和34年創業以来、自社工場で一貫生産。安価な商品との差別化をはかることで容易に追随される事のない、優位性を確保しています。

日本ニット株式会社

沿革

弊社の歩み

昭和34年 里井メリヤス株式会社として創業
里井康純が初代代表取締役に就任
昭和44年 日本ニット株式会社に社名変更
昭和44年~昭和49年 通産省の承認を受け、土地約5800㎡に本社、工場、倉庫(鉄筋コンクリート)を建設
昭和52年 株式会社ワコールと取引開始
昭和54年 株式会社シャルレと取引開始
昭和58年 ダブルシリンダー生産に特化
昭和63年 里井弘滋が2代目代表取締役に就任
平成2年 ローゲージダブルシリンダー編機保有台数日本一になる
平成5年 5本指ソックスの生産開始
平成15年 スポーツユニフォーム事業部を設立
平成16年 経済産業省 中小繊維製造事業者自立事業の認定
自社ブランド「KENBEE」を立ち上げる
平成22年 オリジナルTシャツコンテスト 全国1位を獲得
全国中小企業団体中央会 ものづくり中小企業製品開発支援事業の認定
平成24年 ラジオ体操表彰を受ける
平成25年 ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援事業の認定
ケンビースポーツソックス研究所を設立
里井謙一が3代目代表取締役に就任

私たちのルーツ ~里井メリヤスの記録~

日本ニット株式会社の歴史は、昭和34年に創業した「里井メリヤス株式会社」から始まりました。その創業期の貴重な記録が、一冊のアルバムに残されています。
おりしも日本は高度成長期のまっただ中。経済復興の原動力となった「日本のものづくり」の満々たるエネルギーが、紙面からほとばしるようです。

先達の気概は、そのまま、今日の日本ニットにも脈々と受け継がれています。
ここにアルバムの一部をご紹介し、私たちのものづくりのルーツを、皆様にも感じ取っていただければと思います。

このページの先頭へ